35歳独身ホステスのエッチ日記

20代はキャバクラとかクラブでかなり稼いでいましたが、やっぱり30位までには
結婚したいなと思って割り切って働いているつもりでした。

けど若いうちから相当稼ぐのって、ある種の大きなリスクを背負っているんだって
分かっているつもりだったけど、若さのせいかちっとも分かっていなかったんですね。
結婚相手だって、自分の当時の収入を考えたらその辺の人とはあり得ないって感じだったし。

そんなこんなで、ぴったりくる相手とまだ出会えないし、収入が極端に減ったら困るしで
毎度必ずではないけど、エッチありの身体を張った仕事になってしまいました。
けど30過ぎると立ち位置が中途半端なんで、熟女の人妻ってことで働いてます。

そうすると普通にやっているよりすごいんですよね。マニア様様というか。
人妻とか熟女という言葉にありがたがって飛びついてくる人が多いんだということに本当にびっくりしました。
自分が若い時は35なんて相当なおばさんだと思っていたのに、自分がなってみるとその当時となんら変わらないんですよね。
けれど歳は確実にとっていて、周りだけが変わって取り残されたかんじ。

それはさておき、熟女とエッチしたい人って、最初はなんなのっておもってたけど、彼らはすごい疲れているんですよね。
エッチもするけど癒されたい、って。何か母のような気持ちになっちゃう時もあります。
案外向いているのかも、なんて。これからしばらくは「熟女」だから、まだまだこの世界に浸ってしまうかもしれないと、ちょっと不安だったり安心したり。